こんにちは、ソムリエのたきてんです😊

いつもご覧くださいましてありがとうこざいます⭐️

今回はカナダについて解説していきたいと思います🍷

カナダワインというとあまり馴染みのないイメージですが今回も最後までゆっくりと見ていってください🤩

カナダ 

1 概論

カナダ産ワインは、ほとんど輸出されないため知名度は高くありませんが、少量限定生産でクオリティの高いワインが造られています。

近年では、ワインスペクテーター誌等でも取り上げられるなど国際的にも注目を集めており、世界レベルのアワードも数多く受賞するに至っています。

カナダにおいては、旧世界の造り手のように、テロワールを重視しその個性をワインに表現したいと考える造り手が多いのも特徴です。

また、そのテロワールを次世代に伝えていくため、環境に配慮したワイン造りが広く実践されています。

カナダには現在550以上のワイナリーがあります。

f:id:takiten:20190621180054p:image

2 重要歴史

1811年

ジョン・シラーがオンタリオ州でワイン造りを始めました。

1916年

いくつかの州で禁酒法が施工されました。

1984年

アイスワインが初めて造られました。

1987年

米国と貿易協定締結(後のNAFTA)がされました。

3 主要ブドウ品種

① 黒ブドウ

カベルネフラン、メルロー、ピノノワール、バコノワールなどが造られています。

② 白ブドウ

シャルドネ、リースリング、ピノグリといった国際品種も多く造られています。

③ アイスワイン

アイスワインの品種としてはヴィダルが有名です。 ユニ・ブラン×セイベル4986の交配によって造られました。

アイスワインはオンタリオ州で約90%生産されています。

4 ワイン法

1988年に原産地統制呼称法としてVQA制度が導入されました。

現在、DVAとしてオンタリオ州で3カ所、ブリティッシュ・コロンビア州で5カ所が認定されています。

① ラベル表記に関するVQA規定

1) 州名表記

その州のブドウを100%使用すること。

2) 特定栽培地域

オンタリオ州85%、ナイアガラ・ペニシュラのサブ・アベレーションを名乗るワインは100%当該ブドウを使用しなければなりません。

ブリティッシュ・コロンビア州は95%以上です。

3) ブドウ畑表記

その畑のブドウを100%使用すること。

4) 収穫年表記

オンタリオ州85%以上、ブリティッシュ・コロンビア州95%以上です。

5) 品種名表記

そのブドウ品種を100%使用すること。

6) Estate Bottled「エステート・ボトル」

特定栽培地域内にあるワイナリーが所有、または管理しているブドウだけを使用して造られたワインです。

5 主要産地

最大のワイン生産地は2つあり、オンタリオ州のナイアガラ半島とブリティッシュコロンビア州のオカナガン渓谷です。

その他の州はさほど重要ではありませんのでこちらの2つを抑えていきましょう。

① オンタリオ州

オンタリオ州のブドウ栽培は、こだわりぬいたテロワールに特徴があります。

土壌や気候変動を綿密に考えた上で、ワイン生産に取り組んでいます。

アイスワインが特産品であり、収穫時期は12月中旬から1月初旬が多くなっています。

1) ナイアガラ・ペニンシュラ Niagara Peninsula

カナダ最大の栽培地域で冷涼な気候です。

リースリングやヴィダルによるドイツスタイルのアイスワインも造られています。

2) レイク・エリー・ノース・ショア Lake Erie North Shore

オンタリオ州の南西端。

日照時間が長く、他地区に比べて収穫時期が数週間早い。

ピーリー・アイランドも含みます。

3) プリンス・エドワード・カウンティ Prince Edward County

オンタリオ湖の北岸で、シャルドネ、ピノ・ノワールが中心です。

② ブリティッシュ・コロンビア州

ブリテッシュユ・コロンビア州のワイナリーは、小さな個人経営のワイナリーが多く、数多くの造り手がハンドメイドでワインを醸造しています。

1) オカナガン・ヴァレー Okanagan Valley

ブリティッシュ・コロンビア州最大の地区です。

北部:フランス系、ドイツ系白ブドウ主体。

南部:国際品種の黒ブドウ主体。

2) シミルカミーン・ヴァレー Smilkameen Valley

オカナガン・ヴァレーの南西に位置します。

シミルカミーン河沿岸にブドウ畑があり、メルロ、ガメイ、ピノ・ノワール、シャルドネなどが生産されています。

③ ケベック州

ケベック州のワイナリーでは、辛口のフォーティファイド・スパークリ ングワインと甘口ワインが生産されています。

ヴィダル、フロンテナ ック、セイヴァルブラン、マエシャルフォシュ、サントクロワなど耐寒 性ブドウが主で、生産地はモントリオール北部と南東部、およびケベックシティーの周囲に集中しています。

④ ノバスコシア州

ノーサンバーランド海峡の水岸の間、肥沃なアナポリスバレーに向 かって位置します。

ノバスコシア州は、主に交配種のブドウからテー ブルワインとデザートワインを生産しています。

ヴィニフェラ種の栽培 も始まっています。 主なものは、ラケディ、マスカット、セイヴァルブラ ン、ルーシークールマン、レオンミロ、マエシャルフォシュです。

この エリアはまた、スパークリングワインの名産地として知られています。

f:id:takiten:20190623152833j:image

最後までご覧くださいましてありがとうこざいます。

カナダはさほど難しい産地ではないのでこちらも重要ポイントだけ抑えておけば大丈夫だと思います。

次回は チリ について解説していきたいと思います☆

それでは合格目指して頑張ってください!

↓カナダ編問題集はこちらからどうぞ↓

管理人 たきてん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です