こんにちは、ソムリエたきてんです❗️


いつもご覧くださいましてありがとうこざいます😊


今回は スロヴェニア🇸🇮 について解説していきたいと思います🍷


重要な部分だけを抽出して記事にしていますので是非参考にしてください❗️


それでは、今回も最後までゆっくりとご覧ください🤩



スロヴェニア


1 概論


スロヴェニアはドイツやイタリアなどから長く支配下におかれた歴史をもっています。


1991年にようやくスロヴェニア共和国として独立し、2004年にEU加盟を果たしました。


ワイン消費量が世界でも上位10位以内で、生産されたワインはほぼ自国消費されます。


世界的なワインの名産地、フランスのブルゴーニュやボルドーと同緯度のブドウの栽培適地範囲にあり、日照時間も長く雨量も含めてブドウの栽培に適しています。


そしてスロヴェニアは知る人ぞ知るオレンジワインの聖地です。


白ぶどうを用い、赤ワインの醸造方法で白ワインを造ります。


画像出典:旅のとも
https://www.travel-zentech.jp/world/map/Slovenia/Map_of_Slovenia_and_neighboring_countries.htm



2 重要歴史


紀元前400年頃

現在のスロヴェニアの領土でケルト人によりワイン造りが始まりました。


1世紀頃

ローマ人の支配下により、ケルト人のワイン造りは急速に衰退していきます。


13世紀頃

法律でワイン生産者の権利と義務が認可されました。


18世紀頃

ぶどう畑とワインセラーに関しての最初のマニュアルが発行されました。


1872年

マリボルにスロヴェニア初の農業学校が建設されました。


1991年

旧ユーゴスラビアから独立しました。


2004年

EUに加盟しました。


スロヴェニアの街並み


3 主要品種と気候風土


スロヴェニアでは52種類のぶどうが栽培されています。


白ぶどうが37種類で全体の70%、黒ぶどうが15種類で30%を占めます。


① 黒ブドウ

1) Merlot:メルロ

2) Cabernet Sauvignon:カベルネ・ソーヴィニヨン

3) Modri Pinot:モリド・ピノ
ピノ・ノワールシノムニです。


② 白ブドウ

1) Rebula :レブラ
リボッラがシノムニです。

2) Malvasia:マルヴァジア

3) Bell Pinot:ベリ・ピノ

ピノ・ブランのシノムニです。


画像出典:ヴィノテラス
https://vnts.jp/wine-basic/1434



③ 気候風土

栽培面積1.6万ha、北西は地中海性で北東は大陸性、南東は半大陸性気候です。



4 品質分類


スロヴェニアのワインは2006年までは4つのカテゴリーに分類されていました。


現在は3つのカテゴリに分かれていて、ドイツワインの格付けとよく似ています。


① ヴルフンスコ・ヴィノZGP

「統制保証原産地最上級ワイン」
プリモルスカ、ポトラウイエ、ポサウイエの3地域14地区が指定されています。


補糖、補酸、減酸は禁止です。


総生産量の約9%しかありません。



遅摘みや貴腐ブドウを使用した場合、プレディカートを併記する事ができます。


1)ポズナ・トゥルガウ=シュペートレーゼ
エスクレ92度以上。


2)イズポワール=アウスレーゼ
エスクレ105度以上。


3)ヤゴドニ・イズポワール=ベーレンアウスレーゼ
エスクレ度128度以上。


4)スヒ・ヤゴドニ・イズポワール=トロッケンベンアウスレーゼ
エスクレ度154度以上。


5)レデノ・ヴィノ=アイスワイン


② カコヴォストノ・ヴィノZGP

「統制保証原産地産上級ワイン」
プリモルスカ、ポトラウイエ、ポサウイエの3地域14地区が統制保証原産地に指定されているます。


補酸、減酸は禁止です。
総生産量の約54%です。


③ デジェウノ・ヴィノPGO

「原産地表記付きテーブルワイン」
プリモルスカ、ポトラウイエ、ポサウイエの3地域のいずれか1地域のブドウを使用したワインで、その原産地を表記できます。



総生産量の約37%です。



5ワイン産地


画像出典:Winomy
https://www.winomy.jp/blog/column/20004/



① プリモルスカ地域

統制保証原産地区:4地区


(ゴリシュカ・ブルダ、ビパーバ、クラス、スロヴェンカ・イストラ)



生産量の約46%が赤ワインとスロヴェニアの中でも赤ワインの生産量が多いです。


② ポドラウイエ地域

統制保証原産地区:2地区


(シュタイエルスカ・スロヴェニア、プレムクリエ)



スロヴェニア最大の生産地域。白ワインが主流で辛口から極甘口まで生産されています。


③ ポサウイエ地区

統制保証原産地区:3地区


(ドレニスカ、ビゼルスコ、ベラ・クライナ)



単一品種主体のスロヴェニアには珍しく複数品種のブレンドが多いです。


ドレニスカ地区のツビーチェというロゼワインが代表的です。


f:id:takiten:20191117144624j:image

最後までご覧くださいましてありがとうこざいます💮


今回も出題傾向に合わせてかなり圧縮した内容となっていますので重要ポイントを抑えつつ、クイズや問題集を解いていくと覚えやすいと思います😊


 覚えやすく、学びやすい、ソムリエ試験対策問題集 2019年度版 [ 藤代 浩之 ]価格:2,970円
(2019/10/22 19:25時点)
感想(0件)

次回は スイス🇨🇭 について解説していきたいと思います⭐️


この記事が良かったなと思って頂けたら支援をお願いします🙇‍♂️


それでは合格目指して頑張ってください🈴



管理人 たきてん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です