こんにちは、ソムリエたきてんです❗️

いつもご覧くださいましてありがとうこざいます😊

今回はイタリア編🇮🇹パート3重要DOC について解説していきたいと思います🍷

イタリアのDOCを全て載せるとかなり膨大な量になりますので出題傾向に合わせた重要なDOCだけをご紹介します❗️

それでは、今回も最後までゆっくりとご覧ください🤩 

目次

イタリアの代表的なD.O.C.G(D.O.C)

1 フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

1) ヴェルドゥッツオ・フリウラーノ (Verduzzo Friulano)

クラス:D.O.C.G

生産可能色:白
主要品種:ヴェルドゥッツオ
特徴:白甘口のみ生産です。

2) ラマンドロ (Ramandolo)

クラス:D.O.C.Gさ

生産可能色:白

主要品種:ヴェルドゥッツオ フリウラーノ
特徴:白甘口のみ生産。

2 ピエモンテ州

1) バローロ (Barolo)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1980
生産可能色:赤

主要品種:ネッビオーロ
特徴:「ワインの王であり、王のワインである」とい言われてきたイタリアを代表するワインです。

収穫年翌年1月1日より3年以上熟成義務(うち木樽2年以上、リゼルヴァは5年以上)、ALC13%以上です。

2) バルバレスコ (Barbaresco)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1980

生産可能色:赤

主要品種:ネッビオーロ

「バローロの弟分」「ピエモンテの女王」と呼ばれています。

収穫年の11月1日から26ヶ月の熟成義務(うち木樽9ヶ月)、収穫年から3年目の1月1日から消費可能。リゼルヴァは50ヶ月の熟成(うち木樽9ヶ月)、5年目の1月1日より消費できます。ALC12.5%以上。ネビア村で生産されています。

3) ガッティナーラ (Gattinara)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1990

生産可能色:赤

主要品種:ネッビオーロ(スパンナ)
スパンナ(ネッビオーロ)90%以上

4) ルケ・ディ・カスタニョーレ・モンフェッラート (Ruche di Castagnole Monferrato)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2010
生産可能色:赤

主要品種:ルケ

5) アスティ (Asti)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1996

生産可能色:白
モスカート・ビアンコ
❶非発泡、❷発泡、3甘口白。

❶か❷=モスカート・ダスティ、❸=アスティ・スプマンテに分かれます。

遅摘みタイプのモスカート・ダスティ・ヴェンデミア・タルティーヴァがあります。 

6) ブラケット・ダックイ/アックイ (Brachetto d’Acqui/Acqui)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1996
生産可能色:赤

主要品種:ブラケット
発泡性の甘口赤です。

スティル、Passitoもあります。

7) ゲンメ (Ghemme)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1997

生産可能色:赤

スパンナ85%以上使用
チーズ・ゴルゴンゾーラと同じ産地です。

8) ガーヴィ/コルテーゼ・ディ・ガーヴィ  (Gavi/Cortese di Gavi)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1998

生産可能色:白
コルテーゼ
発泡性・弱発泡性もあります。

9) ロエーロ (Roero)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2004

生産可能色:赤、白

赤:ネッビオーロ95%以上、白:アルティネス95%以上
赤・白DOCGはロエーロのみで発泡性もあります。

10) アルタランガ (Alta Langa)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2011

生産可能色:ロゼ、白
主要品種:ピノ・ノワール100%
特徴:高級スパークリングワイン

11) バルベーラ・ダルバ(Barbera d’Alba)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤

主要品種:バルベーラ

12) ドルチェット・ダルバ (Dolcetto d’Alba)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤
主要品種:ドルチェット

13)ドルチェット・ダスティ (Dolcetto d’Asthi)

クラス:D.O.C

主要品種:ドルチェット

3 ロンバルディア州

1) フランチャコルタ (Franciacorta)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1995

生産可能色:ロゼ、白
主要品種:シャルドネ、ピノビアンコ、ピノネロ
特徴:発泡性、最低熟成18ヶ月以上です。

2) ヴァルテッリーナ・スペリオーレ (Valtelina Superiore)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1998

生産可能色:赤

主要品種:キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)

3) スフォルツアート・ディ・ヴァルテッリーナ/スフルサット・ディ・ヴァルテッリーナ

クラス:D.O.C.G
主要年:2003

生産可能色:赤

主要品種:キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)

特徴:陰干しブドウから造った辛口タイプ。

4) オルトレポー・パヴェーゼ(Oltrepo Pavese)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ、白

主要品種:赤:バルベーラ、クロアティーナ、白:リースリング
特徴:CS使用可能、スプマンテがDOCGに昇格しました。

メトード・クラシコの主要品種はピノ・ネロです。

4 ヴェネト州

1) レチョート・ディ・ソアーヴェ (Recioto di soave)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1998

生産可能色:白

特徴:ガルガーネガ70%以上、甘口白、発泡性もあります。

干しブドウから造った甘口タイプです。

2) バルドリー・スペリオーレ (Bardolino Superiore)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2001年

生産可能色:赤

主要品種:コルヴィナ・ヴェロネーゼ

3) ソアーヴェ・スペリオーレ(Soave Superiore)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2001年

生産可能色:白
主要品種:ガルガーネガ

4) アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ(Amarone della Valpolicella)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2010年

生産可能色:赤

主要品種:コルヴィナ・ヴェロネーゼ
特徴:陰干しブドウから造った辛口タイプです。

2年以上熟成義務、リゼルヴァは4年以上。

後味に残る苦味(Amaro)が名前の由来です。

5) コッリ・アラゾーニ・プロセッコ (Colli Asolani Prosecco)

クラス:D.O.C.G

生産可能色:
特徴:シャルマ製法が多いです。

6) バルドリー(Bardolino )

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、白
主要品種:コルヴィナ・ヴェロネーゼ
特徴:スプマンテ、ノヴェッロもあります。

7) ソアーヴェ(Soave )

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:ガルガーネガ
特徴:スプマンテもあります。

8) ヴァルポリチェッラ(Valpolicella)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤
主要品種:コルヴィナ・ヴェロネーゼ
特徴:通常の赤ワインのほかに陰干しブドウから造るワインもあります。

5 リーグリア州

1) チンクエ・テッレ (Chinque terre)

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノ
特徴:チンクエテッレとは「5つの村」という意味であり、海に迫る断崖の上に村々があります。

6 トスカーナ州

1) ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1980年

生産可能色:赤

主要品種:ブルネッロ
特徴:熟成期間50ヶ月以上(うち木樽熟成2年以上、瓶内熟成4ヶ月)、リゼルヴァは62ヶ月以上(うち木樽熟成2年以上、瓶内熟成6ヶ月以上)、ALC12.5%以上です。

3) ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノ(Vino Nobile di Montepulciano)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1980年

生産可能色:赤

主要品種:プルニョーロ・ジェンティーレ

3) キアンティ (Chianti)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1984年

生産可能色:赤

主要品種:サンジョヴェーゼ
特定地域(ゾットナート)はRufinaです。

4) カルミニャーノ (Carmignano)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1990年

生産可能色:赤

主要品種:サンジョヴェーゼ
特徴:収穫年から2年目の6月1日より消費可能です。

5) ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ(Vernaccia di San Gimignano)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1993年

生産可能色:白

主要品種:ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ

6) キアンティ・クラシコ (Chianthi Classico)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1984年

生産可能色:赤

主要品種:サンジョヴェーゼ
特徴:フィレンツェとシエナに広がる丘陵地帯(9コムーネ)収穫年の翌年10月1日より消費可能。リゼルヴァは2年以上熟成義務です。(うち瓶内熟成3ヶ月以上)

7) ボルゲリ (Bolgheri)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ白
赤:CS、メルロ、サンジョヴェーゼ

白:ヴェルメンティーノ

特徴:スーパータスカンの代表的存在です。

8)  ポミーノ (Pomino)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、白

赤:サンジョヴェーゼ

白:ピノブラン、シャルドネ
特徴:スプマンテ、ヴィン・サント、ヴァンデンミア・タルティーヴァもあります。

7 ウンブリア州

1) モンテファルコ・サグランティー (Montefalco Sagrantino)

クラス:D.O.C.G
昇格年:1922年

主要品種:サグランティーノ
特徴:単一品種で造ることが義務です。

2) トレジャーノ・ロッソ・リゼルバ

クラス:D.O.C.G
昇格年:1991年

主要品種:サンジョベーゼ
特徴:混醸スタイルのワインです。

3) オルヴィエート (Orvieto)

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:グレケット
特徴:辛口~甘口。昔は貴腐ワインが有名であったが戦後は辛口で人気を博しました。

8 ラツィオ州

1) チェサネーゼ・デル・ピリオ (Cesanese del piglio)

クラス:D.O.C.G
昇格年:2008年

主要品種:チェサネーゼ

2) エスト!エスト‼︎エスト‼︎!(Est!Est!!Est!!!)

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:トレッビアーノ・トスカーノ
特徴:辛口~中甘口。名前は歴史的な伝説に由来します。(あった!あった!!あった!!!という意味なので合格したら呟きましょう)

3) フラスカーティ (Frascati)

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:マルヴァジーア・ビアンカ・ディ・カンディア
特徴:辛口~甘口。スプマンテもあります。

ゲーテがこのワインを飲んで「楽園にいるようだ」と讃えました。

9 カンパーニア州

1) タウラージ (Taurasi)

クラス:D.O.C.G

生産可能色:赤
主要品種:アリアニコ
特徴:3年以上熟成義務(うち、木樽熟成1年以上)南イタリアで最も尊敬されているワインと言われます。

2) フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ(Fiano di Avellino)

クラス:D.O.C.G

生産可能色:白
主要品種:フィアーノ
特徴:アヴェッリーノ地方で蜜蜂が密集するブドウで造られるという意味で、発泡性もあります。

3) グレーコ・ディ・トゥーフォ (Greco di Tufo)

D.O.C.G

生産可能色:白

主要品種:グレーコ
特徴:発泡性もあります。

火山灰のトゥーフォ土壌で古代ギリシャ人伝来のブドウで造るという意味です。

4) ヴェズーヴィオ (Vesuvio)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ、白

特徴:ALC12%以上のものはラクリマクリスティーを名乗れます。(キリストの涙の意味)

10 カラブリア州

1) チロ (Ciro)

クラス:D.O.C

主要品種
赤・ロゼ:ガリオッポ

白:グレーコ・ビアンコ

11 マルケ州

1) コーネロ (Conero)

クラス:D.O.C.G

主要品種:モンテプルチアーノ

2) ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・イエージ (Verdicchio dei Castelli di Jesi)

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:ヴェルディッキオ
特徴:リゼルヴァが付くとDOCG。

12 アブルッツォ州

1) モンテプルチアーノ・ダブルッツオ(Montepulciano d’Abruzzo)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ
主要品種:モンテプルチアーノ

13 モリーゼ州

1) ビフェルノ (Biferno)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ、白
主要品種:モンテプルチアーノ

14 プーリア州

1) プリミティーヴォ・ディ・マンドゥリア・ドルチェ・ナトゥラーレ (Primitivo di Maduria Dolce Naturale)

クラス:D.O.C.G

生産可能色:赤
主要品種:プリミティーボ

2) カステル・デル・モンテ (Castle del Monte)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ、白

主要品種

赤:ウヴァディトロイア白:パンパヌート
特徴:フリッツアンテ、ノヴェッロもあります。

15 サルディーニャ州

1) ヴェルナッチャ・ディ・オリスターノ(Vernaccia di Oristano)

クラス:D.O.C

生産可能色:白
主要品種:ヴェルナッチャ
特徴:辛口・甘口。ALC15%以上になります。

16 シチリア州

1) チェラスオーロ・ヴィットリア (Cerasuolo Vittoria)

クラス:D.O.C.G

主要品種:ネーロ・ダボラ

2) エトナ (Etna)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、ロゼ、白

主要品種
赤:ネレッロ・マスカレーゼ

白:カッリカンテ

3) マルサーラ (Marsala)

クラス:D.O.C

生産可能色:赤、白
主要品種:グリッロ、カタラット、インツオッリア、ペッコリーネ、カラブレーゼ
特徴:イギリス人ジョーン・ウッドハウスによって造られたフォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)です。

f:id:takiten:20191109181843j:image

最後までご覧くださいましてありがとうこざいます💮

今回も出題傾向に合わせてかなり圧縮したつもりでしたがかなり長くなってしまいました😓

重要ポイントを抑えつつ、クイズや問題集を解いていくと覚えやすいと思います😊

 覚えやすく、学びやすい、ソムリエ試験対策問題集 2019年度版 [ 藤代 浩之 ]価格:2,970円
(2019/10/22 19:25時点)
感想(0件)

 次回は ルクセンブルク🇱🇺 について解説していきたいと思います⭐️

この記事が良かったなと思って頂けたら支援をお願いします🙇‍♂️

それでは合格目指して頑張ってください🈴

管理人 たきてん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です