こんにちは、ソムリエたきてんです❗️


いつもご覧くださいましてありがとうこざいます😊


今回は フランス ラングドック・ルーション地方についての問題を出題したいと思います🍷


過去の試験出題傾向を考慮して出題していますのでかなり役に立つと思います☺️

是非参考にしてください❗️

それでは、チャレンジスタート🤩❗️   




1ソムリエ試験対策問題ラングドック・ルーション地方

1)城塞都市カルカッソンヌについて正しいものはどれでしょうか。

1.フランスの中で最も雨が多い。

2.ラングドック地方で最もワイン生産量が多い。

3.1997年ユネスコ世界遺産に登録された。

4.かつてはスペインとの交易の中心だった。


2)ラングドック地方で白ワインのみが認められているAOCはどれでしょうか。

1.ピクプール・ド・ピネ

2.サン・シニアン

3.クラレット・デュ・ラングドッグ

4.ミネルボワ


3)ラングドック地方で、赤ワインにおいてメルローを40%以上含むことが定められているAOCはどれでしょうか。

1.フィトゥー

2.マレペール

3.リムー

4.サン・シニアン・ベルル


4)ラングドック地方で、瓶内二次発酵で作られる発泡性ワインのみが認められているAOCはどれでしょうか。

1.リムー

2.リムー・メトード・アンセストラル

3.クレマン・ドリムー

4.ブランケット・メトード・アンセストラル


5)ラングドックワイン委員会により、クリュ・デュ・ラングドックに格付けされたAOCはどれでしょうか。

1.フィトゥー

2.サン・シニアン

3.ラングドック・サンクリストル

4ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエール


6)2007年に呼称変更し、現在ラングドッグ・ルーション地方全域をカバーしているAOCはどれでしょうか。

1.ラングドック

2.コトー・デュ・ラングドッグ

3.ラングドック・サンクリストル

4.ラングドッグ・カトゥルズ


7)ラングドック地方がフランス王国に編入された年はいつでしょうか。

1.11世期

2.12世期

3.13世期

4.14世期


8)ラングドッグ地方で、モーザック100%え造られる弱発泡性ワインのAOCはどれでしょうか。

1.リムー・メトード・アンセストラル

2.リムー・ブランケット・ド・リムー

3.リムー

4.クレマン・ド・リムー


9)1936年にVDNの赤と白がAOCに認定され、2011年にスティル・ワインの赤も認定されたAOCはどれでしょうか。

1.コリウール

2.グラン・ルーション

3.モーリー

4.バニュルス・グラン・クリュ


10)ルーションのAOCバニュルスの認定地域で造られる、スティル・ワインのAOCはどれでしょうか。

1.バニュルス・グラン・クリュ

2.ミュスカ・ド・リヴザルド

3.モーリー

4.コリウール


11)補助品種カリニャンの作付け比率が30〜50%と規定され、赤のみが認められているAOCはどれでしょうか。

1.カバルデス

2.コルビエール・ブートナック

3.フィトゥー

4.マルペール


12)ラングドックワイン委員会が定めた独自の階層で、頂点に位置するものはどれでしょうか。

1.フォジェール

2.ラ・クラーブ

3.ラングドッグ・カトゥルズ

4.クリュ・デュ・ラングドック


13)城塞都市カルカッソンヌがユネスコ世界遺産に登録された年はいつでしょうか。

1.1863年

2.1912年

3.1997年

4.2010年


14)ルーション地方で赤、ロゼ、白が認められているAOCはどれでしょうか。

1.コート・デュ・リューション

2.コート・デュ・リューション・ヴィラージュ

3.コート・デュ・リューション・トータヴェル

4.コート・デュ・リューション・カラマニ


15)ルーションのAOCリヴザルドと同一の地域で造られる、VDNの白のみが認められているAOCはどれでしょうか。

1.グラン・ルーション

2.ミュスカ・ド・リヴザルド

3.コリウール

4.バニュルス・グランクリュ


16)ラングドッグ・ルーション地方のワイン生産量はフランス全体の何%にあたるでしょうか。

1.約30%

2.約40%

3.約50%

4.約60%


17)ラングドッグ・ルーション地方の気候区分はどれでしょうか。

1.海洋性気候

2.大陸性気候

3.内陸性気候

4.地中海性気候


18)ラングドック・ルーション地方に吹く乾いた冷たい風を何と呼ぶでしょうか。

1.ケープドクター

2.ミストラル

3.トラモンタン

4.モンスーン


19)ラングドックワイン委員会の略称名はどれでしょうか。

1.VWGY

2.CILV

3.LRWO

4.BGMI


20)ラングドック・ルーション地方の地方料理で、「タラとジャガイモのピュレ」はどれでしょうか。

1.ペラルドン

2.オリーヴ・ド・ニーム

3.カスーレ

4.ブランダード・ド・モリュ


21)赤とロゼの新酒の場合「プリムール」「ヌーヴォ」の表示が認められているAOCはどれでしょうか。

1.ラングドック・ペズナス

2.ラングドック・ソミエール

3.ラングドック

4.ラングドック・ラ・メジャネル


22)コルビエールAOCの一部を間に挟み、沿岸部と内陸部の2つの地域が分散しているラングドッグ最南端の産地はどれでしょうか。

1.フィトゥー

2.ラ・クラープ

3.マルペール

4.リムー


23)北はオード県との境界から南はスペイン国境、東は地中海から西はピレネー山脈まで広がる広域AOCはどれでしょうか。

1.ラングドッグ・ソミエール

2.コート・デュ・ルーション

3.コルビエール・ブートナック

4.バニュルス


24)1936年にAOC認定された天然甘口ワインの産地はどれでしょうか。

1.コルビエール

2.マルペール

3.バニュルス

4.コリウール


25)AOCバニュルスの認定地域で造られる、酒精強化されない白、赤、ロゼワインに対し、1971年に認められたAOCはどれでしょうか。

1.コリウール

2.フィトゥー

3.マルペール

4.バニュルス・グラン・クリュ


f:id:takiten:20200421183213j:image



2ソムリエ試験対策問題ラングドック・ルーション地方解答

ラングドック・ルーション地方の解答はこちらです💁‍♂️

f:id:takiten:20200421183403j:image
f:id:takiten:20200421183427j:image

最後までご覧くださいましてありがとうございます💮


今回は何割取れましたか⁉️


試験までには70〜80%の正解率をコンスタントに出せるよう繰り返し挑戦することが重要です😊


それでは合格目指して頑張ってください🈴

⬇️ ラングドック・ルーション地方の復習はこちらからどうぞ ⬇️

管理人 たきてん

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です